基礎医学
基礎医学
臨床医学:基礎系
臨床医学:一般
臨床医学:内科系
臨床医学:外科系
医学一般
衛生・公衆衛生学
医療技術
看護学
保健・体育
栄養学
薬学
歯科学
雑誌
シリーズ

基礎医学 基礎医学関連科学 臨床医学:基礎系 臨床医学:一般 臨床医学:内科系 臨床医学:外科系 医学一般 衛生・公衆衛生学 医療技術 看護学 保健・体育 栄養学 薬学 歯科学 雑誌 シリーズ


唾液腺細胞診ミラノシステム
       

原著編集
William C. Faquin
Esther Diana Rossi
監訳
樋口 佳代子 沖縄協同病院病理診断科
浦野 誠 藤田医科大学医学部病理診断学講座
B5判・155頁
定価(本体8,200円+税)
ISBN978-4-7653-1786-3
2019年6月刊行



ミラノシステムは国際的な普及をゴールとしており,本書はゴールを達成する一助となるだろう!

・国際細胞学会IACが刊行した唾液腺細胞診の国際的な報告様式Reporting Systemの日本語版.
・国内には標準化された報告様式がなく,診断精度の向上や臨床と病理の意思疎通が難しい要因となっていた.原著の共著者である樋口佳代子氏と浦野誠氏が監訳者となり,本書はより原文に即した分かりやすい内容に仕上げた.
・第1章では,イントロダクション,続いて細胞診の報告は,I.不適正,II.非腫瘍性,III.意義不明な異型(AUS),IV.腫瘍〔A.良性,B.良悪性不明な唾液腺腫瘍(SUMP)〕,V.悪性の疑い,VI.悪性の6段階で報告するよう病変の実例を含めて分かり易く説明している.
・平易な美しい日本語を駆使して読みやすく,細胞診の写真の質も保たれていて見やすい.
・ミラノシステムの本領は細胞検査士,病理医,細胞診に携わる臨床医,画像診断医を有機的に結び付け,唾液腺腫瘍の診断と治療に有益な指針を示すことである.診断が困難な唾液腺細胞診の領域で,本書が国際水準の細胞診断をする際の座右の書として,大いに活用されることを願う.

執筆者

樋口佳代子  沖縄協同病院病理診断科
浦野 誠   藤田医科大学医学部病理診断学講座
田原沙佑美  藤田医科大学医学部病理診断学講座
河原 明彦  久留米大学病院病理診断科・病理部
山元 英崇  九州大学病院病理診断科
廣川 満良  隈病院病理診断科
長尾 俊孝  東京医科大学人体病理学分野
谷川 真希  東京医科大学人体病理学分野
宮部 悟   愛知学院大学歯学部顎顔面外科学講座 
杉田 好彦  愛知学院大学歯学部口腔病理学講座
多田雄一郎  国際医療福祉大学三田病院頭頸部腫瘍センター
中黒 匡人  名古屋大学病院病理部

<推薦のことば>
・長村義之先生(国際細胞学会IAC 理事長)
<原著者の日本版へのことば>
・Dr. WC Faquin/Dr. ED Rossi


第1章 唾液腺細胞診ミラノシステム
第2章 不適正
第3章 非腫瘍性
第4章 意義不明な異型
第5章 腫瘍
第6章 悪性の疑い
第7章 悪性
第8章 唾液腺細胞診の補助診断
第9章 臨床的対応
第10章 組織診断と唾液腺腫瘍の組織分類